FC2ブログ
【2008年07月】 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

XXXHOLiC (13)  

×××Holic(13)
著者: Clamp
出版社: 講談社
サイズ: コミック
ページ数: 178p
発行年月: 2008年06月

『これも必然なら、おれは小羽ちゃんに会わなきゃいけない』霊視が全く当たらなくなった小羽を助けにTV局へ向かう四月一日(ワタヌキ)。だがそこで待ち受けた衝撃の光景とは……!?
前回、自分の秘密の断片を明らかにしてしまった四月一日に待ち受けている次なる試練です。

徐々に私は読んでいないツバサの世界と濃密にリンクしてますが、
(正直言って、ツバサはあんまり好きじゃないので)
今回は本筋のほうも濃い内容だったので、特に気にせず読めました。

というよりも、小羽ちゃんの涙に胸が詰まった。
10巻のひまわりちゃんの笑顔も衝撃的だったけれども、
今回の小羽ちゃんの涙は反則だ。
CLAMPさんの漫画は、商業デビュー前の同人時代から読んでいるけれど、
初めてグッと涙腺を刺激した。

小羽ちゃん、今までじっと寡黙に我慢の子だったので、
イマイチ何を考えている子なのかわからない子だったけど、
母親のことが好きで、好きで、たまらなかったのだ。
それなのに、その気持ちすら隠してずっと母親と二人きりで過ごしていたのかと思うと。
平面状に描かれた絵であるはずなのに、
あの涙のシーンでは、なんだか小羽ちゃんの息を飲み込む音まで聞こえてしまう。
本当に、綺麗で切なくて、胸の痛くなるシーンでありました。
けれども、その涙の効果があったから、ラストのシーンは本当に見ていて幸せだった。
この一冊で、小羽ちゃんがシリーズ一好きなキャラクターになってしまったかもしれない。
(いっそのこと、四月一日と結婚したら良いのに…(*´ェ`*)

一方、その四月一日の秘密が実にさらりと描かれておりましたね。
次回辺り、どういう所以で記憶のあった時代の四月一日が
侑子さんの店の門を潜ることになったのかが明かされるのかな?
ものすごく興味があります。

前半は四月一日も、ものすごく切なさで一杯だったけど。
そんなの一切構わずに、全力で受け止めてしまっている(ように見える)
百目鬼くんは相変わらず男前だな~。
(そういえば、今回は遥さんの出番がなかったので残念。)


ところで、MY best of CLAMP の「CLOVER」が新装丁で再出版するそうな。
掲載雑誌の休刊により、全6巻中の4巻で止まっているので、
今回の1,2巻にどこまでの話が収録されるやら。
既刊の1巻を新刊1巻としてカウントしてくれたら嬉しいのだけれども。
(でも、装丁が違うだけでも買ってしまいそうだ。)

なにはともあれ、こっちのほうも愉しみなのでありました。

スポンサーサイト



コードギアス反逆のルルーシュ R2 | TURN 12 | ラブ アタック! 

あらすじ(公式サイトより)
中華連邦から学園に戻ったルルーシュは愕然としていた。留守中のフォローを任せた咲世子の行動が思わぬ波紋を巻き起こしていたのだ…。そんな最中、留年中だったミレイはついに卒業を決意!その記念イベントとして「キューピットの日」の開催を宣言する。会長権限による強制カップル成立権を賭けた熾烈な戦いが始まった!!

正直ルルーシュは、シャーリーのどこがそんなに好きなんだ?
と考え込んでいる間に、うっかり火曜日になっておりました。
(あんなにひたむきに自分のことを想ってくれるから?
それとも、やっぱり笑顔に癒されるから?
「あ~や~ま~るぅぅぅ~~~?」とキレたあたりは、
将来尻に敷かれているだろうルルーシュの姿が、
あまりにまざまざと見えてしまったわけだが( ̄Д ̄;)
それでもキミが良いというならイイけれど。
でも断然、C.C.のほうが良い女だと思うのになァ~)

冒頭で、声が裏返るほど動揺しているルルーシュに、
真顔で「はい、キスをさせて頂きました」と答える咲世子さんが最高すぎます。
前回、ロロと二人でいるときには結構言われっぱなしだったのに、
ルルが一緒にいる途端、かなりビシビシ言い返しているあたりがもう…
兄に貰ったストラップを撫でながら、「咲世子が勝手に約束をして…!」と
愚痴っているロロはなんですか。
そんなに自分がルルとデートをしたいんですかw
(あんまり可愛くって、もっと苛めてしまいたくなる(*´ェ`*)
そして、ものっそいナチュラルにそんな彼らを見守っているヴィレッタが
更に可愛さまんちゃこだった(*´ェ`*)

今回は全体的に咲世子の天然っぷりに笑わせてもらったけど、
でも、一番の驚愕は、あのシャルルんが
「戦争など、愚か者のすることよ」とのたまわってくれたことかしら。
(だって、ギアスを使って神を滅ぼそうとしているくらいだから、
戦争なんて自分はしなくても構わない人だしね。)
それにつけても、シュナイゼルはあのシャルルんが吃驚するくらい黒い人なのか?
それとも、単にシャルルんと性格が合わないだけ?
(本来右腕のはずなのに、あんまり良い表現が出てこないのが……ねぇ?)

最近、第一期から何度も見返していて、
ひょっとしてマリアンヌ后妃を殺したのは、
スザクの父親なんじゃないかと思ってみたりして。
で、実のところはものすごくマリアンヌに惚れていたシャルルんが怒って、
怒りのついでに日本を滅ぼして、それでも晴れない腹いせに
わざと圧制を強いているのではないのかと。
んでもって、ラストステージでZEROがシャルルんに詰め寄るシーンで、
「おまえの母親を殺したのは、そこに居るスザクの父親だ!」
とかなっちゃったら、ものっそい後味の悪いラストになってしまいますよねぇ?( ̄Д ̄;)

とまったく信憑性のない妄想は脇に置いといて( ゚ω゚)/

コーネリア姉さまキター*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!
なんであんなにヤツレタ姿が、色っぽくも似合うのか!
てゆーか、ギルフォードに連絡を取ってあげてください。
会議中にまで堂々と写真を広げて恋しがっておりますよ!
んでもって、スザクはてっきりロイドさんの隣の席に着くのかと思ったら、
思いっきり遅刻してきた上に、ひとことの謝罪もないままに、
一番の上座に座っておりましたな。( ̄ω ̄;)
正直、スザクが無事にナイトオブワンまで昇進したとして、
エリア11を受け持つことになったとしても、
ひどく不安になる気持ちが残ってしまうのはどうしてか?
(いったいどういう構想を抱いているのだろうか、彼は?)

今回、無事にルルとくっついたシャーリーは、
一度目見たときは「かわいいな~」と思っていたんだけど、
二度目にふと「でもこの子って、ルルの裏側をなんにも知らないクセに、
自分がいちばんルルのことを知っているのよッ! 的なことを言っているのよね?」
と思ってしまったら、「かわいいな~」と思えなくなってしまって苦しんだ。
(そして冒頭に戻る。と)
次回は、きっちりルルがいったいどういう男なのかを知った上で、
「それでも私はルルのことが好きなの! 私がルルを立ち直らせてあげなきゃ!」
となってくれるなら、きっと再び好きになれるはず。
(そもそも別に立ち直らせてくれなくても、
ギャンブル好きだろうが、女好きだろうが、黒いくせに情に脆いところとか、
恋愛よりも「ナナリー愛している!」なところとか、
「こんなときにC.C.が居てくれたら!」って何?(C.C.はいつからキミのドラえもんに?)
なところとか(長い)
今のルルーシュでいてくれたら、それはそれで好きなんだけどな。(*´ェ`*)

で、これも第一期から見返しているうちに思ったことだけど、
あんまり景気良く手当たり次第にギアスをかけまくっているものだから、
そのうち肝心な場面で「しまったっ! こいつは二度目だ!」と
焦らなきゃいいけどね~と思っていたら、オレンジの左目があっさり解決してしまった。
(それとも「一人一回」の効力だけが残ってしまうのかな?)

次回は、
TURN 13 『過去 から の 刺客』
V.V.によって復活したジェレミア・ゴットバルト伯爵がトウキョウ租界に現れた。学園に迫る彼の目的はルルーシュの抹殺なのか!?新たな力を得た最強の刺客を前にどうするロロ!どうするルルーシュ!

シャーリーとのデートコースよりも何よりも、
C.C.の出番が欲しいです。
んでもって、できればシンクーと天子ちゃんのラブラブが見られますようにヽ(´エ`)ノ
さらには、カレンがシャルルんにギアスをかけられて記憶を塗り替えられて、
ナイトオブラウンズの仲間入りをさせられてしまって、
ナナリーの騎士になってしまったりしていたら面白いんだけどなw
(んでもってロイドさんが改良した紅蓮に騎乗したら……勝てるのか?>ルル( ̄Д ̄;)

(最後まで、妄想劇場で終わったなw)