FC2ブログ
【2008年08月】 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

SS更新 「AFTER FLOWER 2」 

SS更新しました。

⇒ 「AFTER FLOWER 2」 TURN.17 捏造「谷間の百合」の後日談の更に後日談です。(R-18)
http://novel18.syosetu.com/n2125m/5/



ちなみに8/15の更新でありました。
(8/15はブログのほうがメンテナンス中だったみたいですね)

相変わらずの「ご主人様」なんですが、
最初の予定では、次の 「AFTER FLOWER 3」で一応の区切りをつける
つもりでいたのですが、いろいろうれしいご意見を頂いているうちに
思いついたエピソードがいくつかありますので、
もうすこしだけ続くかもです。

いずれにせよ、本日放映TURN.19の内容次第ですね!
(C.C.の出番出番♪(⌒ー⌒)o∠★:゚*')

「AFTER FLOWER 2」のあとがきにも書いていますが、
公式の「ナナリー行方不明」はきっと、シャルルんがV.V.のやったような
オチャメなイタズラを仕掛けているといいと思います。
むしろ、シャルルんの搭乗艦内で、咲世子にギルフォードに朝比奈にナナリーが
きゃっきゃっヽ(´▽`)ノ とハートフルな宴会芸でも繰り広げているといい。
(そのかたわらでロッテンマイヤーさんが、「くっ」とかいって
唇を噛み締めているとなおさらイイ。)

ああ、早く始まって欲しいけど、
なぜだかキーボードを打つ手が震えます。
(もう本編で泣かされるのは嫌だ...・゚・(ノД`;)・゚・)



(以下、拍手のお礼です♪)
(遅くなってすみません!)
(拍手だけの方々にも感謝感謝♪)
(うおー読んでもらえただけじゃなく、愉しんでもらえたのかーッ
なおさらモエ心が萌え上がります!
(ありがとうございます!(*´ェ`*)

【Read More】

スポンサーサイト



コードギアス反逆のルルーシュ R2 | TURN 19 | 裏切り 

今BIGLOBEで確認するまで気付かなかったけど、
OPで最後にルルが手を上げるシーンが青空から夜空に変わっている!!
今回から?
いつから?
(ギアスのOPEDはけっこう絵の差し替えがありますよねー)

「一般市民の一時被害は死者だけで1,000万を超えていると思われます。二次被害による死傷者は推定でも2,500万人。救命施設も消失したため市民を救う手立てがありません。トウキョウ租界は…死にました」
「そんな…こんなことって…みんなッ…みんなッ」
前回のラストではナナリーのことがショックで、ほかのことはあんまり考えられなかったんですが、思っていたよりも大きな被害に愕然。
フレイアの中心部分に巻き込まれた人も悲惨だけど、もっと悲惨なのは身体の一部分だけフレイアと接触した人だろうか?
(それが二次被害になるのかな?)
画面上はあっさり流しているけど、もう本当に地獄ですね。
被害にあった大半がブリタニア人で、その災害をもたらしたのが日本人であるスザクだというところが一番の皮肉。
この後のスザクの「僕が…やったのか?!」というセリフが悲しい。
(胴体と片腕しか残っていないランスロットも悲惨)

「学園は無事か…でもこれは、もう戦じゃない」
アッシュフォードの校門部分からスッパリ断絶されてます。
少ないけど、ジノにも色々思い出の詰まっている場所だから、胸が引き裂かれるような思いがしただろうな。
次週予告でなにやら尋問を受けている様子だったので、今後の動向が気になります。
(OPの突然シリアスモードになるところとか)

「藤堂…私だ。全軍トウキョウ租界に降下しろ。ナナリーを捜すんだ」
「待て、朝比奈がやられた! ほかにも多くの犠牲が…ッ」
「知ったことかッそんなものッッ!!! ナナリーを捜せッ最優先だッ! 全軍でナナリーを捜し出すんだッッッ!!!」
「このゼロは…」
ブラックリベリオン時には南さんにだけ不信感を与えていましたが、必死でゼロを信じようとしていた藤堂さんにまで。
今思えば黒の騎士団に(もしくはせめて藤堂さんにだけでも)「自分には別に目的があって」と打ち明けていたなら、もっと別な展開が見られたのかな?
何かと言えば自分を悪者にするルルだけど、人を信じる勇気が欲しかった。
(今の時点では前回のスザクの裏切りがあったから仕方がないかもしれないけど、それ以前に1年もあったわけだから。善処しようと思えばいくらでもできたはず。)

「藤堂ッ! 私はナナリーを捜せとッ!!」
「兄さんさえ無事なら!」
「またの機会はある…」
もう本当にルルを静かな場所に連れて行ってあげたいところだったので、ジェレミアの後ろダッコにはホッとしました。
(でも蜃気楼のお姫様ダッコも見たかったかもしれない…w)

「ご主人様…ッ! …ッ?」
ここのC.C.が滅茶苦茶カワイイッッッッッッ!!!!!!!
前回、前々回と作画がちょっとアレだったので、その意味でも先行きが不安だったんですが、なにやらC.C.の出番のある時には気合の入れ方が違うみたいです
(たしか今回の総作画監督はキムタカ様だったような?)

「どうしておまえが持っているんだッ?! これはナナリーにあげるつもりだったんだよッナナリーにッッ!! おまえなんかがナナリーの代わりになるものかッ! この偽者がッッ!! まだ気付かないのか? 俺はおまえが嫌いなんだよッ大嫌いなんだよッッ!! 何度も殺そうとして、ただ殺し損ねただけだッ!!」
「兄…さん?」
「出て行けッ!! 二度と俺の前に姿を見せるなッ! 出て行けィッッ!!!」
あまりのショックで記憶が混乱していますね。
(それともブラックリベリオン以前にナナリーのために買っておいたものだったのかな?)
なんかもう本当にこのシーンのルルはダメ人間なんだけど、それでも無性にこのシーンが好きです。
ふたりの心境を考えると涙が出てくる。
戦争中じゃなくって、ルルのそばにはナナリーがいて、そこでロロと出会っていたのなら、ランペルージ三兄弟は必ず幸せになれたはず。

「ニーナくん、きみは決めなくちゃならない。科学を捨てて心を守るか、心を壊して科学に殉じるか」
「そんなこと…ロイド先生も選んだんですか?」
「僕は元から壊れているからね。それくらいの自覚はあるんだ」
ロイドさんはこう言っていますが、ロイドさんのは演技だと思う。
口で言うことが完全な建前で、情けは人並み以上に持っている。
けど、それを大事にしていると自分の研究が成り立たないから、懸命に「自分は壊れているから仕方がない」と思い込もうとしているような。
このシーンもつらいなァ~。

「昔、私はきみに助けられたことがあっただろう? その礼を伝えておきたかっただけだ。しかし…フフフ、奇妙な関係だな、私ときみは。結局敵となる運命なのかもしれない。…ここで失礼する。私はナナリー様を捜さねばならない」
完全にアウトオブ眼中のジェレミアが切ない( ̄ω ̄;)
サウンドエピだったかで言うはずだったお礼がようやく言えました。
でも、個人的にはジェレミアはルルの護衛を勤めておいて欲しかった!

「証拠ならあります」
「私とて彼のギアスに操られていないと言う保障はない。そう考えると、とても恐ろしい…」
シュナイゼルの登場シーンに関しては、もう何も言うまい。
(罵詈雑言いわずに済ませられる自信がないから)
しかし、もう本当に何ていうのかな……ッッッッ!!!!!
黒の騎士団のメンバーも、自分の弟を平気で売るようなド鬼畜の言うことをあまりに素直に受け入れすぎ。
(まあ根が単純だったからこそ、ルルも操りやすかったわけだけど)
そして、ルルを渡してくれと言うシュナイゼルに、交換条件として日本を返せと迫る扇。
結局、ルルを殺すことに決まったと言うことは、
「いや、統治国(日本)と比較するほど重要でもないから」
とシュナイゼルが受け取り拒否したってことなんでしょうね。
いっそシュナイゼルにフレイアを撃ち込んでしまえばいいのに。
(言わないと言いつつry。Fanの人にはくれぐれもごめんなさい。でも私はルルのFanなの…)

「ご主人様、服を脱いでください」
「…え?」
「どこか痛いんですか? 手の届かないところなら私が」
「…ぁあ…そうだな…。手の届かないところか…」
神ッッッ!!!!!!!!・゚・(ノД`;)・゚・
実はTURN.16のC.C.の出ているシーンだけを編集して毎日観ておりますが、6分弱しかないんですよね。
ニコニコでこのときC.C.がピザを食べているシーンのMADで「ウッウーウマウマ」に合わせているのがあったんですが、見つけたときにはあまりの幸せで(涙で)画面が見えなくなってしまいました。
(ダウンロードしておけば良かったッッ!!!)

「ゼロ、入っても宜しいでしょうか? 私です」
良いと言ってませんから!(>_<)
(邪魔するな―――ッッッ!!!!!!)

「ご主人様ッ…服を脱いでください。私、がんばってみますから!」
「はぁっ?! なにやってたのよあんた達は! 私が捕まってる間にッ!!」
「ち、ちがうッ! このC.C.は…その…記憶を失っているんだ。俺のせいで…だからおまえが知っているC.C.はもういないんだ…」
ごめ…カレン…好きだけど…邪ry…ッ
それはともかく本当に、この時点でC.C.が以前のC.C.だったなら、迷わず「脱出するぞ」と蜃気楼に乗り込んでイカルガを後にしていたに違いない。
今まで身体を張って何度もルルを守ってきたけれど、それができなくなってしまった痛手が回を経るごとに苦しくなってきています。
(でもこのシーンでのルルなら、脱出するって言われても動かなかったかもしれないな)

『…ッ…これはあなたのチェックか? ならば万が一にも隙はないのでしょうな』
前半のセリフが聞き取りづらかったんだけど、それまでは生きて逃げ延びるつもりでいたのに、シュナイゼルの存在を知ったことにより死を覚悟するルル。
カレンの命を守るために自分を悪者にするところも相変わらず。
カレンもね、もうすこし信じてあげても良かったのじゃないのかな?
(長い付き合いなんだから、そろそろルルがどういう男なのか知っていても不思議はないはずなのに)
やっぱり恋愛感情による好きというよりも、憧憬・崇拝的な感情が勝っているのかな?

「だいじょうぶ、兄さん?!」
「ロロ…ッ」
「兄さんは…僕が守るッ!!!」
「止めろッロロッ! もういいんだッ!!!」
「絶対守護領域の計算がこんなに大変だなんてッ…やっぱりすごいや、僕の兄さんは」
「ロロッ俺はもう生きる理由なんて…ッ!!」
「殺させない…絶対にッ!!」
「こんな広範囲でギアスをッ…ロロ、これ以上はおまえの心臓が保たない! ………もう、いいんだロロ、俺はもう…ッ」
「ダメだよ兄さん」
「止めるんだッロロ! どうして俺なんかを助けるんだッ?! 俺はおまえのことを利用してッ…ロロッ?! 止めてくれッギアスを使うなッ! 死にたいのかッ?!」
「…だって…僕はずっと誰かの道具だった。僕は教団の道具で、その次は兄さんの…。たしかに僕は兄さんに使われていただけなのかもしれない。でもッ…あの時間だけは本物だったッ! あの思い出のおかげで、ようやく僕は…人間になれた! だからもう僕はッ…僕は…道具じゃ…ないッ! これは…僕の…意思、なんだからァ…ッッ!!!」
「ロロ…どうして俺を助けた? …俺は…おまえを…」
「兄さんは…嘘つきだから」
「え?」
「嘘…だよね? 僕を殺そうとしたなんて…僕が嫌い…なんて」
「そうか…すっかり見抜かれているな。さすがは俺の弟だ」
「そう…だよ。僕は兄さんのことなら…なんでも…わか…る」
「ああ、そうだよ。おまえの兄は嘘つきなんだ」
これまでのギアス全話の中でこのシーンが一番泣きました。
(ワンワン声を上げながら泣いたことなんて10年ぶりくらい?)
V.V.に「失敗作」とか言われるまでもなく、ロロは自分のことをよく理解していたのだと思う。
自分に欠けている部分を埋めたくて必死で、それでなくても兄と慕った相手は憧れに足る対象で、この人のそばにいられたら自分もきっと幸福になれるはずだと信じきっていた。
幸せという漠然といたものの全貌すら本当の意味ではわかっていなかったんじゃないのかな?
ルルは確かにつらい人生を歩んでいるけれど、マリアンヌが生きていた時代は何不自由なく暮らしていた人で、それ以後もナナリーの存在により救われていた。
だから基本的なところで幸せを知っている人で、ロロにはそれすら知らなかったものだから、なんとなく幸せというものの雰囲気をルルの存在により感じ取っていた。
ルルにとっては記憶に残らないような些細なやさしさが、ロロにとっては人生で一番と思ってしまうくらいに幸せで―――。
それでも彼はシャーリーを殺してしまったから許せない気持ちは残っているんだけど、TURN.13以前は一生懸命に生きている感じがしていてかなり好きだった。
ギアスでは本当にいろんな人があっさり死んでしまうけど、ロロだけは幸せな死に方を自分では選んだつもりでいるのじゃないかな?
でもね、やっぱりロロは死ぬことなかったんだよ。
いろいろ辛いことはあるだろうけど、生きて、もっとほかにもいっぱい幸せなものが存在することを知っておいて欲しかった。
彼の人生そのものがあまりに不憫で、もう何と言うか…。
本当に死ぬことなかったのになァ…。(号泣)

「ナナリー、ロロ、シャーリー、黒の騎士団…俺はすべてを失った。これが残された結果…いや、報いか。でも、だからこそ、ありがとうロロ…おまえの繋いだこの命、俺にはまだ成さねばならないことがあったんだよな。…そう、俺には、…わが父シャルル・ジ・ブリタニアよ、俺の地獄への道行きにおまえも一緒に来てもらうッ…それがッ!!」
C.C.の名前が出てこないところが気になりますが、まァそれは置いといて。
ようやく偽りの自分ではなく、生身の人間として父に向かってゆくことを決意したルルーシュ。
ナナリーのため、生徒会のメンバーのためっていう情の部分が彼に不幸を齎してしまったけど、本当は最初から「自分のため」に行動を起こしていたら、もっと上手く立ち回ることができたんじゃないのかな?
でも、そんな彼だったら私はこんなに好きにはならなかった。
今後の展開を考えるとつらすぎるけど、とにかく最後まであきらめることなく自分の定めた道を精一杯に歩み切ってほしいと思う。

そして、ようやく前を向いて歩き始めたルルーシュとは対照的に、どこかが壊れてしまったようなスザク。
…つらいなァ~。
本当にこのふたりに感情移入していると、涙腺がいくらあっても足りない。
でも本当に、第一期・第一話からずっと観続けていて良かったと思う。
観ているだけで本当に苦しくてたまらないんだけど、大好きです。


あと、サントラが出るのがうれしい。
今回ロロのシーンで使われたオルゴールも収録されてると良いのにな。


あ、あと、リアルタイム感想文のほうで「残り4話」と書いてしまっていたんですが、
どうやら「残り6話」が正解みたいですね!
拍手&メルフォ&コメントで指摘してくださった皆様、
ありがとうございました!!(*´ェ`*)

【Read More】