FC2ブログ
【2019年11月】 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

きのう何食べた?(1) 

きのう何食べた?(1)
著者: よしながふみ
出版社: 講談社
サイズ: コミック
ページ数: 153p
発行年月: 2007年11月
本の詳細を確認する
story
これは、都内某所2LDKに男二人暮らしで住む、筧史朗(弁護士)43歳と矢吹 賢二(美容師)41歳の「食ライフ」をめぐる物語です。
ちなみに1ヵ月の食費は2万5千円也。
よしながさん独特の繊細な描画+巻頭カラーの雑誌に惹かれて何気なく手に取った。
それが「きのう何食べた?」の第一話掲載モーニングでありました。
思いっきり青年誌で、主人公が真性ゲイ。
でも、いわゆる擬音満載なH描写が一切ないどころか、キスシーンすら一コマもない。
だからソッチ系を期待して読んでしまった人には激しく物足りない本かもしれませんが、
丁寧な料理のレシピにあわせて、話の展開がハートウォーミングな仕上がりになっているので、気軽に万人に愉しめる内容だと思います。

というよりも、これはジャンル分けをするならば、「料理本」もしくは「節制生活HOW TO本」にするべきなんじゃァないでしょうかね?
TVでやってる「1ヶ月1万円生活」よりも実用的で、かつ健康的な食に関する知識が満載です。

料理を作り、家計の一切を取り仕切っているのは弁護士の筧。
矢吹は作ってもらったご飯を食べてるだけの同居人。
でも、何かといえば「シローさん~」と泣き付いてみせる癒し系。
すっごいヤキモチ焼きで、個人情報の秘匿なんてまるっきし感知しないオープンな人間。けど、感じたこと、思ったことを素直に口に出してしまう性格なので、どちらかと言えば素直でないヒネた性格の筧はそばにいるだけで癒されてしまうのだと思います。

筧「味はこってり系だけど、にんにく使ってないから、
 客商売やってるお前にはいいかなーと思ってさ」
矢吹、しばし無言で筧を見つめて、 「俺いまとってもシアワセ♥」
こんなふうに言ってもらえたら、きっと嫌でも料理の腕だって上がると思う(笑)。
(あと美容院で対応中の客に「彼氏自慢」を堂々とやってしまって、あとで筧にバレてしまった時に
「でも店長はお客さんに自分の奥さんや子供の話をするよ?
 何で俺だけ自分といっしょに住んでる人の話を、誰にもしちゃあいけないの?」
と訴えてみせるシーンにはグッときた。)

底値の表記に関しては、地方それぞれ物価が違うと思いますが、
料理のレシピに関しては、作家本人が作ってなくちゃここまで詳細に書けないな~と
感心するほど詳しく書いてあるので、作品中に紹介されている通りに作ってみたら
誰でも料理上手になれてしまうような感じ

何度でもくりかえし読み返したい類いの本ではありませんが、
疲れて帰った夜の寝る前にボーっとしながらページをめくったら、
なんとはなしにいつでも幸福な気分を味わえてしまう本であります。
(しかし、ダイエット中の方は要注意。余計に眠れなくなってしまうかも)ι

【以下続刊】


【公式ブログ】

コッチもいろんな意味でおいしいです♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ronsard3.blog29.fc2.com/tb.php/16-f0c7f956