FC2ブログ
【2019年11月】 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

XXXHOLiC (12)  

×××Holic(12)
出版社: 講談社 (2007/10/17)
著者:CLAMP
本の詳細を確認する
story
4月1日、誕生日の祝いをしてもらう四月一日(わたぬき)
しかし、日常の行動中に突然夢を見る機会が多くなってしまい、徐々に自分の存在に疑問を抱き始める。
相応の対価により、人の願いを叶えてくれる不思議な店の店主:祐子。
ある日、四月一日(わたぬき)は泣きながら彼女に問いかける。
「祐子さん……おれ、人間じゃないんですか?」

前々回のひまわりちゃんの秘密暴露のシーンには、ただひたすらに切なかった。
(ページをめくった瞬間に、目に飛び込んできたひまわりちゃんの全開な笑顔が胸に痛くて)
そして前回のラストで、なんとなく「夢オチ?」的な予感はしていたものの、
これは結局四月一日(わたぬき)の努力により、
「夢にも現実にもなり得る」というオチに落ち着くのでしょうかね、今回は?

私はxxxHOLICのほうはOKで、ツバサのほうはダメだったので、
今回のように全面的にツバサのエピソードを出されてしまうと萎えてしまう。
でも、個人的にお気に入りな小鳥ちゃんの出番が多かったので、まずまず満足な内容でした。

四月一日(わたぬき)の命運は、どっちに転んでも痛々しい。
けれども、祐子さんが以前言っていたように、百目鬼(どうめき)の活躍次第で良いほうに転がってくれるのでしょうか。
普通の少女マンガだったら、まだしも安心して読めるのだけれども、作家がCLAMPだけに先が読めなくて(良い意味で)不安です。

次巻はもうすこしxxxHOLICだけの読者にもやさしい内容だとうれしいな。
(しかし、どっちにしろ次の展開が愉しみです♪)

【以下続刊】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ronsard3.blog29.fc2.com/tb.php/18-192edae9