FC2ブログ
【2019年12月】 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

SS更新 「絶望エトランジェ(第三話)」 逡巡。  

SS更新しました。

⇒ 「絶望エトランジェ(第三話)」 逡巡。
http://ncode.syosetu.com/n2100m/6/

※ Presented by [ La Petite Fadette ]





今回は枢木さんがメインの話です。



―――潤いが足りん~~~っ!!!



と書いてて辛抱たまらなくて、別の話がボコボコ生まれて困る困る。
ルルーシュとC.C.がメインじゃないので書きづらい(=慣れていないので)
とゆーのもありますが、私は本当にギアスの女子組みが好きだ。

ご主人様シリーズとかも、女子がメインの話だったから、
本編放映当時のテンションとあいまって、あのスピードで書き続けていられたんだよなァと
しみじみ実感してしまいました。


次回の「絶望エトランジェ」は、
Aモード:黒モードスザクさん vs C.C.
Bモード:C.C.(男) vs ルルーシュ+ナナリー
てな感じでしょうか。

C.C.書きたいよC.C.。




たくさんの拍手ありがとうございました!(*´ェ`*)

ずいぶん昔に書いた話とかにも拍手して頂いているので、
「ああ、書いてよかったなァ~」
と毎回しみじみ思ってます。
(ありがとうございます)(*´ェ`*)

いろいろがんばります。





以下、拍手のお返事です。




6/29 eli様:
firefoxの件有難う御座います。
(macの件は、もうしばらく掛かると思います。すみません)

「永遠の祝祭」の母子はアレですね~
お互いに「あんまり他人に依存しすぎるのは良くない」と自立心だけは旺盛なので、
どうしても素直になりきれない。
けど、一緒に居ると心地好いから、本当は相手の気持ちを独占したい気持ちで一杯なんだけど、
――と、自縄自縛状態に陥って、ものすごく不器用なことをしてるんですが、
それを傍から見ているルルーシュが、ナナリー(妹)離れ出来なくて苦しんだ経験があるものだから、
時々背中を押してるようなイメージです。

第三者の立場を気取ってないと出来ないと思うことなので、
たしかに再婚しちゃうとバランスが崩れちゃいますよね。
それでいて、ルルーシュだけがごく素直にC.C.とも子供たちとも接していられる美味しいポジション(笑)
それを自分でもわかってるので、彼なりに幸せを満喫してるんですが、
それでも挨拶のキスに拘っちゃうような彼がカワイイよなァと
自分で書いてて思ってました(*´ェ`*)

C.C.は色んな感情を知るほどに、どんどん若返ってる感じですね。
逆にルルーシュは、歳を経るごとにどんどん冷静になっていくタイプ。
自分の腕の中でC.C.という存在を媒介に思いを熟成させていて、
一歩離れた場所から愉悦げに、「なかなか良い仕上がりになってきているな」とか
眺めていそうな人。
そーゆーところまで成長した段階で、また次の人生が始まるわけなんですが、
そのとき彼は一体どんな家庭を作るのだろう? とか、自分で作った話ながらに興味があります。

――っと、語り始めると長くなってしまいますすみません。
あと、(C)発言に関してはお気遣いなく(*´ェ`*)
(絶妙にルルシーを言い表している表現だと思います)
ありがとうございました!




6/29 「C.C.は母親として孫の顔を見ることもなく」~様:
一緒に居る最中に、さんざんC.C.から「ナナリーやロロの子供なら可愛いだろうなァ~」と
親バカ発言を聞かされているので、ルルーシュ的に気に病んでいたんですね。
だから何らかの形で叶えてやりたいとずっと思っていたので、積極的に世話を焼いてます。
ナナリーは本当にルルーシュとC.C.を足して2で割ったみたいな子ですよね。
設定とか全然考えずに勝手に性格が出来上がってしまったんですが、
ルルーシュと話し始めると、掛け合い漫才を始めてくれるので愉しいです。

あと、C.C.の髪型は生徒会事件簿のアレです!
気づいて貰えて嬉しいです!(*´ェ`*)

ちなみに、C.C.が自分で編んでるんですが、なんとかして接点を持ちたいルルーシュが、
「おい、左側の編み込みが少しばかりいがんでいるぞ」
とか毎朝のようにイチャモンをつけて、朝イチで必ず編み直しているという設定付き(笑)

結構幸せな立場にいるくせに、挨拶のキスに拘りたがるのは、ほとんど習慣なんだと思います。
(C.C.がチーズくんをダッコしてホッとしていたのと同じイメージでしょうか)

このシリーズに関しては、考えてるだけで頭の中が幸せになってしまうので、
語り始めると、やっぱり止まらなくなってしまいます。(*´ェ`*)
ありがとうございました!