FC2ブログ
【2019年11月】 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

エマ 

エマ改版
著者: ジェーン・オースティン(阿部知二 )
出版社: 中央公論新社
ページ数: 749p
発行年月: 2006年02月

本の詳細を確認する
あらすじ
エマ・ウッドハウスは美しく、機知に富む女性である。母が亡くなり姉が結婚して家を出て行った後、父と2人で暮らしている。
ウッドハウス家の家庭教師を16年務めたアナ・テーラーは、ウェストンに嫁いだ。ウェストン氏にテーラーを紹介したのはエマで、自らが恋の仲介役であることを知る。するとエマは、友人であるハリエット・スミスを牧師のエルトンと結び付けようとするが、エルトンが結婚しようとしているのが自分だと知り、この計画は失敗する。
ウェストンの前妻との子であるフランク・チャーチル、ウッドハウス家の隣人ベイツの姪であるジェーン・フェアファクスが登場する。チャーチルには好感を持ったエマだったが、ジェーンとは馬が合わない。エマは、今度はチャーチルとハリエットをくっつけようとするが、エマがベイツを侮辱してしまったためにナイトリーにたしなめられ、自らの欠点を認識する。
ハリエットは当初エマによって結婚を拒絶したロバート・マーティンと結ばれ、エマはナイトリーと結婚する。
ウィキペディア:「エマ」より
ジェーン・オースティン三大名作のうちのひとつ。
しかし(世間一般でよく言われているように)本当にエマが高慢と偏見の固まりで、彼女に比べたら「高慢と偏見」のダーシーもエリザベスも粛々として万事控え目なくらい。
そのうえ思い込みが激しくて、他者から振る舞いに関して意見されても、「わたくしが立派な人間だからこそ理解できるのよ。(=わからない方が愚かで惨めな人間)」だと大いばりで決め付けてしまう。
さすが作者が「(書いた)私ぐらいしか好きになれない主人公」と断言していたとおり、本当に全体の2/3くらいまでムッカムカきどおしなんですが、彼女の一家言の師でもあるナイトリー氏が器が大きく、格好良く、そのうえ「なんでエマに惚れるの?」と地団太を踏んでしまうくらいにエマ一人にメロメロ惚れ切っておられるので、特に終盤はナイトリー氏のけなげな恋愛模様が見所です。
でも「こんな女ッ大ッッ嫌いだ~~~ッ!!」と拳を握り締めながらでも、やっぱり途中で読むのを止められないジェーン・オースティンの魔の筆力。
また1年後くらいに(機嫌の良いときに)最初から読み返したい気もしますが、ナイトリー氏が主人公の話とかあったら是非とも読んでみたいです。
(ある意味ダーシー氏よりも好きなタイプかもしれない…。)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ronsard3.blog29.fc2.com/tb.php/26-1808f4a6