FC2ブログ
【2019年11月】 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

人間の絆 

人間の絆(上)
著者:サマセット・モーム
発行:岩波文庫(2001/10)

本の詳細を確認する
あらすじ
モームの傑作として広く認められているこの作品は、幼い時分に親を失い叔父に育てられた彼自身の自伝的な教養小説である。モームの"どもり"は、主人公フィリップの足の障害(内反尖足)に置き換えられている。話は主人公のドイツ、フランスへの旅行、そして知性と感性を磨く場となったロンドンを舞台にして展開してゆく。
とにかく長い!
のに、読み始めたら止められない止まらない。

作者ウィリアム・サマセット・モームの半自伝小説なんですが、主人公であるフィリップは彼の作品中によく出てくるような知識階級(ハイブラウ)のインテリ。
しかしその彼がいざ恋をしたとたんに、吐き気がこみ上げてくるような精神的ストーカー(或いは自虐癖のある偏執狂)へと一変する。
恋の相手のミルドレットは大した悪女でどうしようもない女なんですが、フィリップのような執着体質に惚れられたのじゃなかったら、そんなに彼女も悪くはないと思えてしまう。
でも、他人の人生だから(あまりに冷静にまざまざと見せ付けられてしまうために)気持ち悪くもなってしまうわけですが、それだけリアルに徹底して人間心理を描き出してあるのだと思います。
恋をするなりフィリップはそれまで大切にしていた人々の気持ちすら平気で踏みにじってしまうわけですが、本気で恋に現を抜かしている間って、誰だって彼のように自分勝手な言動に終始してしまうと思いますもん。

ラストは批評でよく言われているように(モームの作品にしては)ちょいとツメが甘いような気もしますが、とにかく女性の描かれ方が絶品です。
んで、すこし面白かったのが、以前にモームが世界十大作家(だっけ?)に挙げているジェーン・オースティン。
その作品とも共通のファニー・プライスとミセス・ベネットの扱われ方があまりに皮肉で痛烈で苦笑してしまった。
(モームにはそんな含みは考えてなかった……なんてことはないと思ってしまうのですが…どうでしょう?)

(写真がなかったので、上巻だけ冒頭に載せてありますが、私が読んだのは全集だったので、)総勢26文字×23行×2段組で682ページもあるんですが、また折を見て最初から読み返したいと思ってしまうほどに面白い一冊でありました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ronsard3.blog29.fc2.com/tb.php/30-45bba568