FC2ブログ
【2019年11月】 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

マルタ・サギーは探偵ですか? 

マルタ・サギーは探偵ですか?
著者: 野梨原花南
出版社: 富士見書房
ページ数: 206p
発行年月: 2003年12月

本の詳細を確認する

あらすじ
彼の名前はマルタ・サギー。本当は少し違うけれど、オスタスに来てからはそう呼ばれている。職業は『名探偵』。けれど推理はしないし、できない。マルタにあるのは“事件を強制的に終結”させる力だけ。彼がその力を行使すると“世界の法則さえ捻じ曲げて事態が解決”してしまうのだ。「だってどんな世界でも働かなきゃ、生きていけないし。僕にできるのは『名探偵』だけだし」完璧な探偵であり、同時に全く探偵でないマルタ・サギーは、如何にして『名探偵』になったのか?彼の“秘匿されている”過去が、そして宿命の好敵手、怪盗ドクトル・バーチとの出会いの顛末が、今初めて明らかになる!マルタは、へらりと笑う。「不安なのは、どこでだって一緒だ。だから新しい世界で、僕はどんな僕になろうか考えたのさ」。
by:BOOKsデータベース

ああ、うれしい。
ようやくやっと野梨原さんの作品を語れる

今までずっとコバルト文庫から出版されてきた作品を追いかけてきてましたが、「富士見ミステリー文庫」なんてところでも書いているとは今までずっと知らなかった。
(ネットで新刊検索しなかったら、そのまま一生知らなかったのだろう。巻末に他社のも宣伝してくれればいいのに)

そんなこたーともかく。
肝心の本編のほうですが。

―――うーん。
端的に言って、2003年(書かれた年)にハリポタとシャーロック・ホームズを混ぜて煮始めて、まだ指を突っ込んでも平気な熱さの澄まし汁をすくった感じ?
何よりまだ作者がこの世界観を書き慣れていない感がありありなので、読んでいるコッチもちょいとばかし感情移入してみる隙間が無い。

そのまま終盤まで突き進んでしまったものだから、いきおいで今現在手に入る7冊を全部揃えてしまったのはいいが、どうするか?
と悩んでいたところに、私を野梨原さんから離れられなくしている絶妙のテンションが。

「人を殺すことはなんで悪いか。命の重さに代わりはなくて、喰ってンだからおなじだろうとか、戦争がどうのとか、うるせぇな、悪いと思うから悪いんだ! 人の生命、安全、財産は守られるべきであって、誰かが勝手に攫っていいもんじゃない。生きる価値があるとかねぇとか、神様でもねぇのに手前が決めんな、お前そんなに偉いのか!?」

くーッ。
大好き
出てくるキャラが大上段に構えてこーゆーセリフを正面切って決めてくれる。
これを言ってる「鷺井丸太」は、正直言って人生ちっとも前向きに生きるつもりの無い高校生で、引きこもりがちなダメ男なんだけども、運命のイタズラに流されて「マルタ・サギー」と名乗ることになって以来、すこしずつ面倒くさい世間に目を向けて、前向きに成長してゆくのだと思われる。
んで、本人が衆目の面前でこんなセリフを決めてしまったものだから、
(そして、(仕組まれていたとはいえ)きっちり事件も解決しちゃったわけだから)
嫌でも成長してゆくしかないんでしょう。
次の巻を読むのが愉しみです
(だってまだ表紙の二人は正式には対面してないわけだし)

名探偵がいるところには怪盗がいる。
その役回りのドクトル・バーチが、いにしえの「ダイアモンド伯爵」を彷彿とさせてくれるので、
伯爵のFanで、まだまだもっと伯爵の活躍が読み足りなかったFanからしてみれば、なおのこと彼女の活躍が愉しみです

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ronsard3.blog29.fc2.com/tb.php/8-03d367bd