FC2ブログ
【2019年11月】 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

XXXHOLiC (13)  

×××Holic(13)
著者: Clamp
出版社: 講談社
サイズ: コミック
ページ数: 178p
発行年月: 2008年06月

『これも必然なら、おれは小羽ちゃんに会わなきゃいけない』霊視が全く当たらなくなった小羽を助けにTV局へ向かう四月一日(ワタヌキ)。だがそこで待ち受けた衝撃の光景とは……!?
前回、自分の秘密の断片を明らかにしてしまった四月一日に待ち受けている次なる試練です。

徐々に私は読んでいないツバサの世界と濃密にリンクしてますが、
(正直言って、ツバサはあんまり好きじゃないので)
今回は本筋のほうも濃い内容だったので、特に気にせず読めました。

というよりも、小羽ちゃんの涙に胸が詰まった。
10巻のひまわりちゃんの笑顔も衝撃的だったけれども、
今回の小羽ちゃんの涙は反則だ。
CLAMPさんの漫画は、商業デビュー前の同人時代から読んでいるけれど、
初めてグッと涙腺を刺激した。

小羽ちゃん、今までじっと寡黙に我慢の子だったので、
イマイチ何を考えている子なのかわからない子だったけど、
母親のことが好きで、好きで、たまらなかったのだ。
それなのに、その気持ちすら隠してずっと母親と二人きりで過ごしていたのかと思うと。
平面状に描かれた絵であるはずなのに、
あの涙のシーンでは、なんだか小羽ちゃんの息を飲み込む音まで聞こえてしまう。
本当に、綺麗で切なくて、胸の痛くなるシーンでありました。
けれども、その涙の効果があったから、ラストのシーンは本当に見ていて幸せだった。
この一冊で、小羽ちゃんがシリーズ一好きなキャラクターになってしまったかもしれない。
(いっそのこと、四月一日と結婚したら良いのに…(*´ェ`*)

一方、その四月一日の秘密が実にさらりと描かれておりましたね。
次回辺り、どういう所以で記憶のあった時代の四月一日が
侑子さんの店の門を潜ることになったのかが明かされるのかな?
ものすごく興味があります。

前半は四月一日も、ものすごく切なさで一杯だったけど。
そんなの一切構わずに、全力で受け止めてしまっている(ように見える)
百目鬼くんは相変わらず男前だな~。
(そういえば、今回は遥さんの出番がなかったので残念。)


ところで、MY best of CLAMP の「CLOVER」が新装丁で再出版するそうな。
掲載雑誌の休刊により、全6巻中の4巻で止まっているので、
今回の1,2巻にどこまでの話が収録されるやら。
既刊の1巻を新刊1巻としてカウントしてくれたら嬉しいのだけれども。
(でも、装丁が違うだけでも買ってしまいそうだ。)

なにはともあれ、こっちのほうも愉しみなのでありました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ronsard3.blog29.fc2.com/tb.php/94-e968b5d6